平成31年9月25日

第3回Samurai Masuda Lecture in Monaco Sept. 23, 2019
[その1]

三回目になるモナコでの私のセミナーが9月23日モナコNo.1のホテル・ド・パリで開かれた。
すでに私の「追っかけグループ」が出来ていて、ロンドン、チューリッヒ、パリ、フランクフルトから駆けつけてくれた。
ホテルの会議室は80名が最大で消防法の規制が厳しい為、残念ながら約20名の申し込みをお断りしなくてはならなくなった。
欧州のある王国のプリンスが参加されることになっていたが、警護上の問題があり25日にプライベートにお会いすることになった。
ホテル・ド・パリをはじめカジノ等モナコ公国の国営事業を統括しているSBMのCEOは毎回参加されるが、今回のテーマが本年から来年の米大統領選までの米経済見通しとIMF主導による基軸通貨ドル金融体制から新国際金融体制への移行過程についてであったので、私のレクチャーの内容をモナコ公営事業の2020年と2021年の予算に生かしたいと言い、秘書に私の言葉を一言一句記録させていた。 前回(7月25日)の参加者のビリオネアがレクチャー後私のところへ飛んできて、私の助言通り数件のビルを約700億円で売ったが、今だと600億円でも難しかった。マスダ先生のおかげで$100M(約107億円)助かったと感謝された。お礼をしたいのでいくらでも好きな金額を言ってくれと言われたが、私が望むのは近い将来また私のレクチャーを聞きに来てもらいたいだけだと言っておいたが、その方が今後の為にいいと思ったからだ。
今回のレクチャーの内容は「小冊子」Vol.111のほんの一部であったが大好評であった。
今日の政治・経済体制は崩壊し、新しい時代の体制が準備されている。
今日の富裕層が必ずしも富裕層のままでいられるとは限らない。
また時代の変化は敗者が勝者になるチャンスでもある。
日本は世界に先駆けて我知らずMMT(Modern Monetary Theory)を地で行っている国である。
私がアドバイスしたビリオネアからマスダ先生は何故何でも分かるのかと聞かれたので「高いところから低いところへ流れる水をみているだけだ」と答えておいた。
人間は摂理(神)の召使い、今回私が神の召使いの務めとして書く「小冊子」Vol.111は永久保存版である。
熟読していただきたい。


★受付中!!ご協賛者全員へ特別レポート贈呈
第1弾:8/7発信!第2弾9月10日発信!

増田俊男の「時事直言」協賛金
お申 込み こちら

★先行受付中!
増田俊男の小冊子Vol.111
「「世界革命」永久保存版」
お申 込み こちら

増田俊男の「ここ一番!」大好評配信中!
現在、増田俊男の「ここ一番!」をFAX又はe-mailにて配信しております。
詳しいご案内、お申込みについてはマスダU.S.リサーチジャパン株式会社Tel:03-3956-8888、HP:www.chokugen.com まで。
【最近の配信履歴】
〇09月18日(水) No.917 今日は売り時
〇09月17日(火) No.916 サウジ石油施設爆破
〇09月12日(木) No.915 円独歩高から独歩安
〇09月05日(木) No.914 ターニングポイント


ページの先頭へ

「時事直言」一覧に戻る
増田俊男の世界TOPへ

マスダU.S.リサーチジャパン株式会社