平成29年3月2日

天才役者トランプと天才台本書の勝利
[その1]

2月28日(日本時間3月1日)世界注目のトランプ議会演説。
何時もの乱暴な唯我独尊的態度は一変、大国の大統領に相応しい演説であった。
野次を飛ばそうと待ち構えていた民主党の議員たちは野次どころか共和党議員と一緒に立ち上がって拍手しそうになっていた。
壇上からイスラム・テロの致命傷から立ち直った黒人被害者を名指して讃えるなど国民の涙を誘うシーンの演出は見事であった。
1日前までの「暴れん坊トランプ」と打って変わった「紳士トランプ」を誰も想像しなかった。トランプが大統領になった1月20日から2月28日の39日間に作られたトランプのイメージは初の挑戦となった合衆国両院議会という晴れの舞台で一変して見せた。粗野で、野蛮で、自分勝手で何をするかわからない「トランプ・リスク」は品格高く、思いやりに溢れ、かつ力強いアメリカの愛国者と言う「リスクオフ」に変わった、、演出家に素直に従ってきたトランプの姿であった。

目的の為にトランプをどう使うかを誰よりも心得ている二者が存在する。
一人はトランプ生みの親でもあるCFR(外交問題評議会)であり、その当面の目的はアメリカの事実上の支配階級(エリート・エスタブリッシュメント、具体的にはメディアとウォール街を含む軍産複合体)の構造改革、すなわち主流派から反主流派への権限移行である。
もう一人は戦略補佐官、上級顧問のスティーブ・バノンに代表される破壊主義者とイスラエル右派思想を代弁する35歳のスピーチライター(演説執筆)のスティーブン・ミラーである。バノンが「ミラーはトランプの声を見つけるのが上手だ」と言うように、ミラーはトランプが話しているうちに粗野に、横暴になってしまう言葉、そして議会演説のように、自ら大国に相応しい大統領になってしまう言葉を創造するのが得意である。
トランプに目の敵(かたき)にされ「嘘つき」とまで言われたCNNやニューヨークタイムズもさすがに「見事」とは言わなかったが、「演説らしい演説をした」と言わざるを得なかった。

市場は減税、インフラ投資、規制緩和等経済に関する確信的発言が無かったので一瞬失望感が漂ったが、演説のトーンから何をするか分からないトランプ・リスクが消え、夢と希望の先送りが効を奏してNYダウ平均は前日比303ドル高、2万ドルの大台を超す21,115ドルで引けた。
いよいよ来週から議会でトランプの「夢と希望」と「現実」の差が問われることになる。市場に吹き荒れたトランプフィーバー(炎)が3月15日のFRBの冷水(利上げ・ドル高)で鎮火され、日本(緩和・円安)にお鉢が回って来るかも知れない。
*「ここぞ!」と言う時「ここ一番!」(有料情報誌)は毎日でも発信されます。


ゴールド問合せ用紙希望の方は
こちら

★大好評先行受付中 小冊子 Vol.87 お申 込み こちら

健康の秘訣
Bio Support(バイオサポート)
お申込みはホームページ( www.chokugen.com )からのご注文、又は電話(TEL:03-3956-8888)での資料請求となります。

増田俊男の「ここ一番!」大好評配信中!
現在、増田俊男の「ここ一番!」をFAX又はe-mailにて配信しております。
お申込み
こちら
【最近の配信履歴】
〇3月2日(木) No.712 天才弁士トランプの議会演説
〇2月28日(火) No.711 もう一つのニッケイ下げ要因
〇2月27日(月) No.710 ニューヨークは上がり続け、ニッケイは下がり続ける、何故か?
〇2月24日(金) No.709 どこまで上がるNY株価


ジオ放送「逆手で勝つ」〜日本復興のために〜
(ラヂオもりおか76.9MHz月〜金曜日 8:18AM頃)の聞き方
ラジオ放送の聞き方には2つの方法があります。
①生放送で聞く方法
②ストリーミング放送で聞く方法
<1週間分を土曜日から翌週金曜日までのご都合の良い時に聞くことが出来ます。>

弊社ホームページ(
http://www.chokugen.com/ )にある「逆手で勝つ!」のバナーから入ってご希望の聞き方をお選びください。難しい操作は一切ございません。

目からウロコのインターネット・セミナー お申込みは こちら
インターネット・セミナー無料配信( ht tp://movie.masuda-toshio.com/ )をご覧く ださい。

マスダU.S.ジャパン株式会社「2015年版商品のご案内」
<ご質問頂ける商品>●プライベート・コンサルティング ●「ここ一番!」●小冊子 ●CD
<否>●「目からウロコのインターネットセミナー」●「時事直言」●「時事直言」協力金御礼:「特別レポート(緊急レポート)」「CD」
詳細、ご質問につきましてはマスダU.S.リサーチジャパン株式会社(Tel:03-3956-8888、info@chokugen.com )まで。


ページの先頭へ

「時事直言」一覧に戻る
増田俊男の世界TOPへ

マスダU.S.リサーチジャパン株式会社