平成29年6月30日

特別レポート「目前に迫った市場の急騰と急落」
[その1]

を本日午後から協賛金(2口以上)にご協力下さった皆様にメール又はFAXにてお贈りします。
Mr. Jim Rickards氏の書き下ろしThe Big Drop(ビッグドロップ・大暴落)は400ページ以上の大作の為要約の作成にはまだ時間が必要です。
出来次第お送りしますのでご期待下さい。

パリ(欧州通信社パーティー)、エズ(ロスチャイルド家)、モナコ(法務大臣とサウジの対カタール断交の真実)の旅を通して、私の見方が正しかったことや又思いもよらぬ真実を知ることが出来ました。
先進国も新興国も金融政策は限界に達し、又財政政策は現在潜在的破綻状態の為財政出動もままならぬ状態です。
金融、財政政策が限界に陥っているにも関わらず、多少の調整はあっても株価が最高値圏を維持しているのは中央銀行の市場操作(ゼロ又はマイナス金利政策)によるものであり又連続赤字国債発行で財政破綻を先送りしているに過ぎません。
FRBをコントロールしている金融資本は世界経済と市場の秩序を守る為投資家の被害を最小限に押さえる形での大暴落(The Big Drop)を計画しています。
仮に明日ニューヨーク市場が大暴落すればダウ平均は現在の21,000ドルから10,000ドルに急落し、2.1万ドルの時価総額を持つ投資家の金融資産は1万ドルに半減します。
もし投資家が新規資本をつぎ込むことなく含み益を含む時価を連続回転しているうちにダウ平均が4万ドルになったとするなら、例えその後大暴落でダウ平均が2万ドルになっても失うのはバブル分の2万ドルです。
暴落は決して気分のいいものではありませんが、現在をベースに考えてみればダウ平均4万ドルからの暴落は被害がないも同然となります。
6月14日のFOMC(連邦公開市場委員会)の後、「市場に出来るだけインパクトを与えないよう配慮して利上げと資産削減を計画通り行いたい」とイエレンFRB議長は述べていますが、実に含みのある言葉です。
イエレン議長は今まで禁じられていたFRBの株式購入解禁を議会に求めていますが、議会承認されれば、これが起爆剤になって株価は跳ね上がることになります。
ニューヨークダウ平均4万ドルと直後の大暴落は限界に達した現行国際金融・財政システムを終焉に導き2025年の金本位制移行へ向けてのFRBの必要な戦略と考えられます。
FRBは何時ダウ平均4万ドル作戦を開始し、何時市場に大暴落をもたらすか、特別レポートをご参照下さい。


★「時事直言」ご講読者の皆様へのお願い! 詳細は こちら

★大好評発売中! 小冊子 Vol.90 お申 込み こちら

健康の秘訣
Bio Support(バイオサポート)
お申込みはホームページ( www.chokugen.com )からのご注文、又は電話(TEL:03-3956-8888)での資料請求となります。

増田俊男の「ここ一番!」大好評配信中!
現在、増田俊男の「ここ一番!」をFAX又はe-mailにて配信しております。
お申込み
こちら
【最近の配信履歴】
〇6月27日(火) No.738 原油価格
〇6月22日(木) No.737 ニッケイ平均乱高下
〇6月19日(月) No.736 FANGの終わり
〇6月12日(月) No.735 価格操作に異変あり


ジオ放送「逆手で勝つ」〜日本復興のために〜
(ラヂオもりおか76.9MHz月〜金曜日 8:18AM頃)の聞き方
ラジオ放送の聞き方には2つの方法があります。
①生放送で聞く方法
②ストリーミング放送で聞く方法
<1週間分を土曜日から翌週金曜日までのご都合の良い時に聞くことが出来ます。>

弊社ホームページ(
http://www.chokugen.com/ )にある「逆手で勝つ!」のバナーから入ってご希望の聞き方をお選びください。難しい操作は一切ございません。

目からウロコのインターネット・セミナー お申込みは こちら
インターネット・セミナー無料配信( ht tp://movie.masuda-toshio.com/ )をご覧く ださい。


詳細、ご質問につきましてはマスダU.S.リサーチジャパン株式会社(Tel:03-3956-8888、info@chokugen.com )まで。


ページの先頭へ

「時事直言」一覧に戻る
増田俊男の世界TOPへ

マスダU.S.リサーチジャパン株式会社