平成29年9月5日

北朝鮮は世界No.1政治国家
[その1]

北朝鮮は第6回目の核実験を建国記念日9月9日に実行する予定であったが二つの理由で9月3日(日曜)に変更した。
第一は、中国の福建省アモイ市でBRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国・南アフリカ)首脳会議が同日(3日)から開かれることになっていた。
第二は、8月23日に韓国が蹴って決裂した米韓自由貿易協定見直し(アメリカの貿易赤字削減)交渉が今週から再開される予定であること。
習近平は10月18日の党大会を前にしてBRICs首脳会議で躍進を続ける新興国の代表として内外に名声を高めようとしていた。しかし開催前に行われた北朝鮮の核実験でキーノートスピーカー習近平の演説は世界に届かなかった。BRICs首脳会議開幕の数時間前、北の核実験について聞かれた習近平はノーコメント、習近平の意図は北朝鮮によって外された。
一方北朝鮮の核実験で韓国の文大統領はトランプと電話会談、米軍の韓国撤退をほのめかしていたトランプにすがらざるを得なくなり、米韓自由貿易協定でアメリカの主張に従わざるを得なくなった。(「カネより命のほうが大事」が韓国世論となってきたから)
中国の対北朝鮮政策はDouble Suspension(米韓の対北運時演習を止めさせ、一方北に軍事威嚇エスカレートを止めさせる)である。
CIAはアジアにおける軍事エスカレートを望み、金正恩は何時ものようにCIAに従い、トランプの望む通り習近平のメンツとDouble suspension政策を潰し、来る中国共産党中央党大会における習近平の「外交政策の成果」を葬り去った。
金正恩のトランプとCIAへの政治的配慮は完璧で、安倍首相が進める次期防衛整備計画まで気を使っている。(北朝鮮の脅威なしに次期防衛整備計画なし)
何時ものことながら、ここまですれば金正恩の「貰い」は大きい。
一発30億円程度のミサイル発射代金など物の数ではない。
9月9日(北朝鮮建国記念日)にはさらにトランプを喜ばすことになる!


★特別レポート第3弾配信決定!「時事直言」ご協賛の皆様へ! 詳細は こちら

★先行受付中 小冊子 Vol.92 お申 込み こちら

健康の秘訣
Bio Support(バイオサポート)
お申込みはホームページ( www.chokugen.com )からのご注文、又は電話(TEL:03-3956-8888)での資料請求となります。

増田俊男の「ここ一番!」大好評配信中!
現在、増田俊男の「ここ一番!」をFAX又はe-mailにて配信しております。
お申込み
こちら
【最近の配信履歴】
〇9月05日(火) No.751 またもや買い場
〇8月29日(火) No.750 買い!
〇8月22日(火) No.749 円安期待
〇8月18日(金) No.748 気象庁の予報通り!

ジオ放送「逆手で勝つ」〜日本復興のために〜
(ラヂオもりおか76.9MHz月〜金曜日 8:18AM頃)の聞き方
ラジオ放送の聞き方には2つの方法があります。
①生放送で聞く方法
②ストリーミング放送で聞く方法
<1週間分を土曜日から翌週金曜日までのご都合の良い時に聞くことが出来ます。>

弊社ホームページ(
http://www.chokugen.com/ )にある「逆手で勝つ!」のバナーから入ってご希望の聞き方をお選びください。難しい操作は一切ございません。

目からウロコのインターネット・セミナー お申込みは こちら
インターネット・セミナー無料配信 http://movie.masuda-toshio.com/ をご覧く ださい。


詳細、ご質問につきましてはマスダU.S.リサーチジャパン株式会社(Tel:03-3956-8888、info@chokugen.com )まで。


ページの先頭へ

「時事直言」一覧に戻る
増田俊男の世界TOPへ

マスダU.S.リサーチジャパン株式会社