平成29年11月24日

X-Day延期!
[その1]

来る12月8日がX-DayになるというMr. Jim Rickards氏の見解を「小冊子」(Vol.93)で述べた。税制改革、国家債務の上限審議が難航しているので国家機能停止の可能性が高くなり、これを避ける為にX-Dayと言うハリケーンが必要だと述べている。
日米は米空母と自衛隊の護衛艦を朝鮮海域に出動させ、又米空軍は北朝鮮空域に接近するなど北朝鮮を軍事挑発し、北朝鮮のグアム向けのICBM発射を期待している。一方中東では、トランプ大統領首席補佐官クシュナー(トランプの娘婿)とサウジのムハンマド皇太子がレバノンのイラン支援で勢力拡大中のハマスを叩く為サウジのレバノン空爆の準備をしてきた。
ムハンマドは11月4日にレバノン首相ハリリをサウジに呼びつけ首相辞任の発表をさせたり、ヒズボラ(ハマスの一派)にイラン製ミサイルでリヤド空港が攻撃されたように見せかけたりで、対レバノン攻撃の計画を進めていた。
ところがフランスのマカロン大統領がイギリスからのアドバイスでサウジに飛んで来てムハンマド皇太子に話をつけてハリリ首相をパリへ救出した。
この結果19日にサウジ主催のアラブ連盟緊急外相会議で、レバノンはもとより、イラクその他数か国が共同決議に棄権したのでムハンマドはサウジのレバノン空爆のお墨付きを得ることが出来なくなった。敵がどこであれサウジが戦争するにはエジプトが雇い兵にならねば戦争にならないので、エジプトの意向が肝心である。ハリリは帰国前にエジプトに立ち寄り、考えを擦り合わして帰国した。私は10月24日の防衛会議でエジプトの外務大臣や中米大使、さらに軍司令官と話し合い、クシュナーに丸めこまれているムハンマド皇太子は権力の亡者だけの単細胞だから「君子危うきに近寄らず」とアドバイスした。
ハリリは帰国後大統領と話し辞任を先送り、ムハンマドに拘束されていたにも関わらずサウジとの友好の重要性を述べるなどで、まるで英雄のごとき歓待を受けた。これでクシュナー・ムハンマド作戦は失敗に終わり、12月8日のサウジの対レバノン空爆はなくなった。
「クシュナー・ムハンマド作戦は失敗した」と述べたが失敗したのはムハンマドだけ。クシュナーはClever(利口)はトランプFool(バカ)ではなくイスラエル首相ネタニヤフCleverの代理人で狙っているのはサウジの崩壊。
マクロンFoolに何故イギリスCleverがアドバイスしたのかは、サウジアラビアはイギリスが都合上サウード家を選んで作った王国でもう直ぐ用がなくなる。
本誌前号でMETO(中東条約機構)が中東戦争の最後の手段と述べたが、中東に何を何時から起こし、それとNYダウ4万ドル、ニッケイ4万円とどう言う関係があるのかは、協賛金にご協力をいただいた皆様に贈る増田俊男の特別レポート第二弾「中東戦争と株価」でご説明します。


★完売御礼 !コピー対応中! 小冊子 Vol.93 お申 込み こちら

健康の秘訣
Bio Support(バイオサポート)
お申込みはホームページ( www.chokugen.com )からのご注文、又は電話(TEL:03-3956-8888)での資料請求となります。

増田俊男の「ここ一番!」大好評配信中!
現在、増田俊男の「ここ一番!」をFAX又はe-mailにて配信しております。
お申込み
こちら
【最近の配信履歴】
〇11月22日(水) No.767 FRB資産縮小11月第二週
〇11月17日(金) No.766 FRBの総資産発表
〇11月15日(水) No.765 下げ相場だが、、、
〇11月10日(金) No.764 上げ相場は終わった


ジオ放送「逆手で勝つ」〜日本復興のために〜
(ラヂオもりおか76.9MHz月〜金曜日 8:18AM頃)の聞き方
ラジオ放送の聞き方には2つの方法があります。
①生放送で聞く方法
②ストリーミング放送で聞く方法
<1週間分を土曜日から翌週金曜日までのご都合の良い時に聞くことが出来ます。>

弊社ホームページ(
http://www.chokugen.com/ )にある「逆手で勝つ!」のバナーから入ってご希望の聞き方をお選びください。難しい操作は一切ございません。

目からウロコのインターネット・セミナー お申込みは こちら
インターネット・セミナー無料配信 http://movie.masuda-toshio.com/ をご覧く ださい。


詳細、ご質問につきましてはマスダU.S.リサーチジャパン株式会社(Tel:03-3956-8888、info@chokugen.com )まで。


ページの先頭へ

「時事直言」一覧に戻る
増田俊男の世界TOPへ

マスダU.S.リサーチジャパン株式会社